亜鉛が多い食べ物の共通点とは?ここがわかれば亜鉛通!

亜鉛が多い食べ物の共通点を理解すれば、いちいち調べなくても亜鉛が多い食品がわかるようになりますよ。
MENU

亜鉛が多い食べ物の共通点とは?ここがわかれば亜鉛通!

亜鉛,食べ物

 

亜鉛は必須ミネラルですが
吸収率が低いうえ
亜鉛が多く含まれた食品が限られていることから
不足しがちなミネラルです。

 

そして、亜鉛が多い食べ物には共通点があります。

 

 

そもそも亜鉛の効果とは?

 

亜鉛は、私たちの体に必要な栄養ですが
どんな役割をしているのでしょう。

 

 

亜鉛が不足すると

  • 爪が割れる
  • 味覚障害になる
  • 髪が痛む
  • 肌が荒れる
  • 風邪をひきやすくなる
  • 目や耳が悪くなる

などなど
いろいろな体調不良が生じるといわれます。

 

 

実は、亜鉛は、細胞分裂に不可欠
成長や生命維持になくてはならないミネラルです。

 

 

また、食物の代謝や解毒に必要なため
肝臓にも多く含まれています。

 

 

疲労回復に必要な亜鉛は
肉体を酷使する人、精神的ストレスが高い人は
大量に必要になります。

 

 

私たちの体で亜鉛が多い器官

 

成長に欠かせない亜鉛は
骨、生殖器官に多く含まれています。

 

 

代謝や解毒に必要な亜鉛は
肝臓に多く含まれています。

 

 

細胞分裂に欠かせない亜鉛は
目、耳、舌など感覚器に多く含まれています。

 

 

また、頭脳や肉体を酷使する人ほど
たくさん必要になります。

 

 

つまり、食べ物についても同じことが言えるのです。

 

 

亜鉛が多い食べ物ランキング

 

亜鉛が多く含まれている食品を
食品100g中の含有量で並べると
以下のようになります。

 

  • 牡蠣         13.2r
  • ビーフジャーキー   8.8r
  • パルメザンチーズ   7.3r
  • 煮干し        7.2r
  • 純ココア       7.0r
  • 豚レバー       6.9r
  • 抹茶(粉末)     6.3r
  • 松の実        6.0mg
  • たたみいわし     6.6r
  • ごま         5.9mg
  • アマランサス     5.8r
  • 牛肩ロース(輸入)  5.8mg
  • するめ        5.4r
  • カシューナッツ    5.4r
  • ほや         5.3mg
  • 凍り豆腐(乾物)   5.2r
  • 牛肩肉(輸入)    5.0r
  • 牛肩肉(和牛)    4.9r
  • かに缶        4.7r
  • 牛肩ロース(和牛)  4.6r
  • 牛リブロース(輸入) 4.4r
  • わかさぎの佃煮    4.4r
  • アーモンド      4.4r
  • 牛ひき肉       4.3r
  • たいらがい      4.3mg
  • たらばがに      4.2r
  • 牛ひれ肉(和牛)   4.2r
  • 卵黄         4.2r
  • ハマグリの佃煮    4.2mg
  • 牛もも肉(輸入)   4.1mg
  • コンビーフ      4.1mg
  • ローストビーフ    4.1r
  • 小女子(こうなご)  3.9r
  • 干しエビ       3.9r
  • 脱脂粉乳(粉)    3.9r
  • 毛ガニ        3.8r
  • 焼きたらこ      3.8r
  • 牛肉(ランプ)    3.8r
  • 牛肉(レバー)    3.8r
  • 味付け海苔      3.7r
  • 焼きのり       3.6r
  • 牛肉(リブロース)  3.6r
  • 子牛ばら肉      3.6r
  • エンドウ豆(塩ゆで) 3.6r
  • きな粉        3.5r
  • マトン(もも)    3.4r
  • しゃこ        3.3r
  • 鶏レバー       3.3r
  • プロセスチーズ    3.2r
  • 大豆(乾燥)     3.2mg
  • バターピーナツ    3.1r
  • 牛肉(サーロイン)  3.1r
  • ずわいがに      3.1r
  • 生たらこ       3.1r
  • ふかひれ       3.1r
  • 牛ばら肉(輸入・和牛)3.0mg

 

 

亜鉛が多い食べ物の共通点

 

バラエティーに富んでいるようですが
グループに分けてみると
おもしろい共通点が見つかります。

 

 

煮干し、イワシ、わかさぎ、小女子などの
小魚は骨まで丸ごと食べる魚です。

 

 

牡蠣、するめ、ほや、かに、ハマグリなどは
骨がない分、体全体を食べる動物です。

 

 

ココア、松の実、ごま、カシューナッツ、
アーモンド、大豆などは
植物の種子です。

 

 

卵黄は、ひよこの体になるものです。

 

 

チーズはから作られます。

 

 

つまり、骨や卵や種子など
動物や植物の発生や成長に関わる部分
多く含まれているのです。

 

 

豚レバー、牛レバー、鶏レバーは肝臓です。

 

 

肝機能には亜鉛が大きなかかわりを持っています。

 

 

亜鉛が多く含まれている食べ物は
生殖器官、肝といった
体の肝心かなめの部分です。

 

 

珍味は亜鉛が多い食べ物!?

 

お酒のおつまみとして人気の珍味も
かなりランクインしています。

 

 

珍味はたいていの場合
小動物の丸ごとや内臓です。

 

 

調査されていないだけで
おそらく珍味には亜鉛が多いと推測されます。

 

 

亜鉛などの必須ミネラルや必須ビタミンが
多く含まれているために
美味しいと感じられているのかもしれません。

 

 

亜鉛はアルコールの分解に必要なミネラルですので
お酒のおつまみに珍味を食べるのは
理にかなった行動なのですね。

 

 

また、牛は体が大きいため
筋肉にはかなりの負荷がかかっていそうですね。

 

 

元気なお年寄りには肉好きが多いですが
無意識に亜鉛を摂取しているのかもしれません。

 

 

→私のおすすめ亜鉛サプリ


メニュー

このページの先頭へ