亜鉛とビタミンB群とビタミンCは、同時に摂っても大丈夫?

亜鉛はビタミンB群やビタミンCと一緒にとると吸収率が高まるとか、相乗効果があるといわれていますが、サプリメントで同時に摂っても飲み合わせは問題ないのか検討しました。
MENU

亜鉛とビタミンB群とビタミンCは、同時に摂っても大丈夫?

亜鉛,ビタミンB

 

亜鉛と併用するとよいといわれる
ビタミンB群とビタミンC

 

ぜんぶ一緒にとってもよいのか
調べてみました。

 

 

亜鉛とは

 

亜鉛は必須ミネラルの一つです。

 

 

必須ミネラルは16種類ありますが
亜鉛は体内での働きが多く
なおかつ不足しがちなミネラル
のため
注目されている栄養素です。

 

 

亜鉛の働き

 

亜鉛は、細胞分裂やタンパク質の代謝
重要な働きをしています。

 

 

ビタミンとは

 

ビタミンは、炭水化物、脂質、タンパク質とおなじ
有機化合物です。

 

 

からだに必要な有機化合物のうち
体内でつくることができず
食事でとる必要があるものがビタミンです。

 

 

ビタミンB群とは

 

ビタミンB群には

  • ビタミンB1:チアミン
  • ビタミンB2:リボフラビン
  • ビタミンB3:ナイアシン
  • ビタミンB5:パントテン酸
  • ビタミンB6:ピリドキシン、ピリドキサール、ピリドキサミン
  • ビタミンB7:ビオチン
  • ビタミンB9:葉酸(プテロイルグルタミン酸)
  • ビタミンB12:シアノコバラミン、メチルコバラミンなど

と、8種類があります。

 

 

ビタミンというのは
有機化合物の物質名ではなく
栄養上の名前です。

 

 

チアミンという物質の働きについて
ビタミンB1という名前がつけられています。

 

 

そのためビタミンB6やビタミンB12のように
対応する物質が複数あるものもあります。

 

 

またビタミン名より物質名の方が
よく知られているものもあります。

 

 

ビタミンB群の働き

 

ビタミンはその働きでグルーピングされています。

 

 

ビタミンB群の働きは
糖質、脂質、タンパク質の代謝です。

 

 

食べたものを分解し、
からだの成分に作り替えたり
エネルギーを作りだしたりするのに
必要なのがビタミンB群です。

 

 

ビタミンCとは

 

ビタミンCの物質名はアスコルビン酸です。

 

 

ビタミンCもタンパク質の合成にかかわっていて
とくにコラーゲンの形成には重要な役割を担っています。

 

 

コラーゲンはタンパク質の一種で
腱や軟骨などのほか、
肌の真皮や血管も構成
しています。

 

 

昔、恐れられていた壊血病は
歯茎などから出血するのが症状ですが
これはビタミンCの欠乏によって起こる病気です。

 

 

亜鉛とビタミンBとビタミンC

 

亜鉛もビタミンBもビタミンCも
ともに、体の中で様々な働きをしていますが
この3つの栄養素に共通しているのが
タンパク質の代謝です。

 

 

私たちの身体を構成するタンパク質をつくるためには

  1. 食べ物からタンパク質をとり
  2. それをアミノ酸に分解し
  3. アミノ酸を血液で全身に運び
  4. 全身の細胞がアミノ酸をとりこんで
  5. タンパク質を合成する

というステップを踏むます。

 

 

また、劣化した細胞は分解され
その栄養素はリサイクルされたり
体外へ排出されたりと
体の中の代謝のサイクルは絶えず繰り返されています。

 

 

筋肉増強には亜鉛とビタミンBとビタミンC

 

筋肉をつけるために筋トレをする方も増えています。

 

 

筋トレするならプロテイン、というのはもはや常識です。

 

 

しかし、プロテインを摂るだけでは
筋肉はつくられません。

 

 

プロテインというタンパク質を分解し
筋肉や腱などを作り出すためには
亜鉛、ビタミンB群、ビタミンCが不可欠です。

 

 

亜鉛とビタミンBとビタミンCの飲み合わせ

 

亜鉛、ビタミンB、ビタミンCは
いずれも食べ物にも含まれている栄養であって
亜鉛サプリ、ビタミンサプリ、というのは
お薬ではなく健康食品です。

 

 

そのため亜鉛、ビタミンB群、ビタミンCそのものに
飲み合わせの心配はありません。

 

 

亜鉛とビタミンBとビタミンCのサプリメント

 

ただし、サプリメントでとる場合には
添加物が入っています。

 

 

複数のサプリメントを併用すると
その分添加物も多くなります。

 

 

ビタミンをミネラルが複合的に配合された
マルチサプリメントを活用するのがおすすめです。

 

 

人工栄養に抵抗があるなら牡蠣サプリ

 

ビタミン、ミネラルの総合サプリメントの栄養成分は
人工的に化学合成されたものがほとんどです。

 

 

人工栄養に抵抗がある方は
牡蠣サプリメントがおすすめです。

 

 

牡蠣は、亜鉛が多く含まれた食材として有名ですが
ビタミンB群のすべてとビタミンCのほか
ビタミンA、ビタミンEも含んでいます。

 

 

ミネラルも12種類以上含まれているほか
アミノ酸も豊富に含まれています。

 

 

→私のおすすめ亜鉛サプリ


メニュー

このページの先頭へ