亜鉛は白髪の予防や改善に役立つの?

亜鉛は、なぜ白髪の予防や改善に効果があるのか調べてみました。
MENU

亜鉛は白髪の予防や改善に役立つの?

亜鉛,白髪

 

亜鉛が白髪の予防や改善に役立つのかどうか、
はっきりしたことはわかっていませんが、
一方で亜鉛サプリを飲んで
白髪に効果があったという話はかなり多く目にします。

 

 

白髪と亜鉛にどんな関係があるのか調べてみました。

 

 

白髪はなぜ生えてくる?

 

亜鉛と白髪にどんな接点があるのか
まずは白髪が生えてくる理由から説明します。

 

 

白髪になるのは
髪の毛のなかのメラニン色素が少なくなった結果であり
亜鉛はメラニン色素をつくるのに必要です。

 

 

けれども、そもそもメラニン色素ってなんなのでしょう?

 

 

そして、髪はどうやって、できているのでしょう?

 

 

髪の毛はどうやって生える?

 

髪の毛は、毛根の毛乳頭でつくられます。

 

 

つくる、というか毛母細胞が分裂し
角質化という細胞死を経て
髪の毛の一部になっていきます。

 

 

あたらしくできた髪の毛の細胞が
上へ上へと押し上げていくことで
髪の毛が伸びるのです。

 

 

白髪になる理由

 

実は、毛母細胞が分裂してできる細胞には
色がありません。

 

 

髪に色をつけているのは、
毛母細胞の近くにいる色素細胞がつくりだす
メラニンという色素です。

 

 

色素細胞から毛母細胞にメラニンを渡すことで
髪の毛に色が入ります。

 

 

つまり、メラニンが少なくなると
髪の毛の色が薄くなります。

 

 

ちなみに、髪の色が濃いほど
亜鉛が多く必要といわれています。

 

 

白髪の予防や改善に亜鉛が役立つ理由

 

亜鉛は細胞分裂に必要

 

細胞が分裂するときには亜鉛が必要です。

 

 

髪の毛は、細胞分裂が活発な細胞でありながら
なくなっても生きていくのに支障はありません。

 

 

亜鉛が不足したら、真っ先に供給が少なくなっても
なんら不思議ではありません。

 

 

メラニンをつくるのに必要

 

また、メラニンは、
チロシンというアミノ酸からつくられます。

 

 

そして、チロシンはフェニルアラニンという
必須アミノ酸からもつくられます。

 

 

チロシンやフェニルアラニンは
タンパク質に含まれています。

 

 

そして、髪の毛をつくるためにはアミノ酸以外にも
ビタミンA、ビタミンB群、銅、亜鉛が必要です。

 

 

とくに亜鉛はタンパク質の分解や合成、
メラニンの合成、細胞分裂など
さまざまな場面で必要とされます。

 

 

色素細胞を元気にするのに必要

 

色素細胞がメラニンをつくるのに必要なほか
色素細胞のもとである色素幹細胞を守るためにも
亜鉛は必要です。

 

 

色素幹細胞は、17型コラーゲンに保護されています
コラーゲンを合成するにも亜鉛は必要不可欠です。

 

 

成長ホルモンの分泌に必要

 

成長ホルモンは、骨や筋肉の成長のほか
炭水化物、タンパク質、脂肪の代謝を促進し
体の恒常性を保つために重要な役割をはたしています。

 

 

脳下垂体から分泌されるホルモンで
191個のアミノ酸からできています。

 

 

亜鉛は、成長ホルモンの合成分泌にも必要です。

 

 

活性酸素除去酵素をつくるのに必要

 

白髪の原因は、メラニン色素の減少だけではありません。

 

 

過酸化水素という活性酸素が
毛根に蓄積することも、白髪の原因になります。

 

 

わたしたちは酸素呼吸をしているため
つねに一定割合の活性酸素が発生しています。

 

 

活性酸素は必ずしも悪者でありません。

 

 

殺菌消毒効果があるので一定量は必要です。

 

 

しかし、体調や食事や紫外線などの影響で
過剰に活性酸素が発生することもあります。

 

 

そうしたときに活性酸素を消去する酵素がじゅうぶんにあれば
余分な活性酸素を消し去ってくれます。

 

 

亜鉛は、この酵素をつくるためにも必要です。

 

 

→私のおすすめ亜鉛サプリ


メニュー

このページの先頭へ