筋トレのための亜鉛とプロテイン

筋トレで筋肉をつけるには亜鉛とプロテインを飲むとよいといいいます。そこで筋トレ向きの亜鉛とプロテインを検討してみました。
MENU

筋トレのための亜鉛とプロテイン

亜鉛,プロテイン

 

筋トレすると筋肉が増強するのは
筋トレで傷んだ筋肉が修復するときに
前よりも強くなろうとする
からです。

 

そして筋肉をつくるためには
筋肉の材料が必要です。

 

そこで亜鉛とプロテインの登場です。

 

 

亜鉛は筋肉増強になぜ必要?

 

プロテインはタンパク質なので
必要になるのはわかりますが
亜鉛はなぜ必要なのでしょうか?

 

 

タンパク質は、肉や魚に多く含まれていますが
食べたものがそのまま
体のタンパク質になるわけではありません。

 

 

口から入ったタンパク質は
胃や腸でアミノ酸に分解され吸収され
血液とともに全身に運ばれ
全身それぞれの細胞が必要なアミノ酸を選び
自分の複製をこしらえています。

 

 

亜鉛は食べたタンパク質を分解したり
アミノ酸からタンパク質をつくりだすときに
必要になるミネラルなのです。

 

 

筋トレ向きのプロテイン

 

プロテインは素材によって消化時間が違います。

 

 

筋肉増強目的の筋トレの場合、
短時間で強い負荷をかけて
筋肉を傷めつけています。

 

 

そのため筋肉をつくる材料を
すみやかに供給するのが効果的です。

 

 

消化吸収の早いプロテインは
ホエープロテインです。

 

 

牛乳の乳清から作られています。

 

 

ヨーグルトの上に水がたまることがありますが
あの上澄みがホエーです。

 

 

牛乳の固形成分からできるカゼインプロテインや
大豆からつくられるソイプロテインが
消化吸収に数時間かかるのに対し
ホエープロテインは1,2時間で消化吸収が終わります。

 

 

そのためトレーニング開始1時間くらい前に
飲んでおくのがよい
でしょう。

 

 

プロテインでなくアミノ酸サプリもあり

 

ホエープロテインのかわりに
アミノ酸サプリを飲むという方法もあります。

 

 

バリン、ロイシン、イソロイシンの
3つのアミノ酸はBCAAと呼ばれ
筋肉をつくるのに特に重要と言われています。

 

 

最初からアミノ酸で摂取できるので
分解しなくてよい分、吸収が早まります。

 

 

アミノ酸サプリは、飲んで30分で
吸収されるそうですので
トレーニング直前に飲むなら
アミノ酸サプリがいい
かもしれません。

 

 

アミノ酸サプリの場合の心配

 

吸収の速さだけならプロテインより
アミノ酸サプリに軍配があがります。

 

 

しかし、アミノ酸サプリにも欠点があります。

 

 

筋肉の素材として主要なアミノ酸が
効率よく摂取できる代わりに
主要でないアミノ酸が摂取できないということです。

 

 

アミノ酸はバランスがとても大切です。

 

 

少量しか必要ないアミノ酸であっても
不足すると
タンパク質をつくることができないのです。

 

 

牡蠣サプリで亜鉛とアミノ酸を同時摂取

 

亜鉛サプリメントの中には
牡蠣から作られたサプリメントもあります。

 

 

牡蠣は、あらゆる食品の中で
いちばん亜鉛の含有量が多い食材です。

 

 

海でとれる貝の一種ですので
タンパク質も豊富で
アミノ酸も20種類含まれています。

 

 

そして、亜鉛以外のミネラル
ビタミンB群をはじめビタミン類も
多く含まれています。

 

 

牡蠣サプリならビタミン、ミネラルも一緒にとれる

 

食べ物の消化吸収やタンパク質の合成には
亜鉛以外のミネラルやビタミンも必要です。

 

 

亜鉛は通常の生活でも不足しがちですが
筋力アップのために通常の食生活を超えて
タンパク質を摂取すれば
当然ながら他のミネラル、ビタミンも
通常より多く必要になってきます。

 

 

私たちの身体の機構は
すべてが解明されているわけではありません。

 

 

今、重要だといわれている以外の栄養素も
実は重要なのかもしれません。

 

 

ピンポイントで人工的な栄養を摂取するよりも
さまざまな栄養素を複合して保有している
動物性食品から栄養をもらったほうが
結局は効率がよいのではないかと思います。

 

 

→私のおすすめ亜鉛サプリ


メニュー

このページの先頭へ